小学生がナルトとオビトを描いてみた。

今回はナルトとオビトの絵を描いてみました。この絵は、前から書いてみたいと思っていたので、今回はやっとかけました。narutoの中で、オビトは一番、ナルトは二番目くらいに好きなキャラなので、今回は書けて良かったです。では、さっそく紹介していきます。

目次

工夫したポイント

今回は、立体感、線画、色塗りの3点を意識して絵を描いてみました。それぞれでどのような点を工夫したかを描いていきます。

立体感

初めに、立体感です。率直に言うと、立体感に関しては、微妙なところだと思います。岩の部分は、リアルに細かく、まあまあ立体感も出せたと思います。あとは、もっと影を強調していきたいところもありますが、肝心のキャラは、そこまで立体感を出すことができていなかったんじゃないかな、と思いました。ナルトのほうはまだいいですが、オビトのほうが平べったく感じてしまいます。

線画

次に、線画です。線画は、結構よくできたんじゃないかな、と思います。岩なんかは特に、細かく、リアルに描けたと思います。またキャラも、体全体じゃないこともあり、結構良く描けました。欠点とすれば、ナルトの顎が少し広すぎたかな、と思いました。ですが、そこもぱっと見ではそこまで気にならないので、線画は良かったと思います。

色塗り

最後に、色塗りです。色塗りは、まだ初心者なこともあって、難しかったです。ナルトの肌は、コピックにいい色がなかったので色鉛筆で塗りましたが、意外と良く描けました。少しペン入れの線が汚れてしまいましたが、そこもそこまで気になりません。オビトのほうは、仮面のベースカラーを百金の筆ペンで書いたため、むらが出てしまいました、、、ですが、顔ではなく仮面であったこともあり、そこまで悪くもなくてよかったです。

次回の改善点

  1. 岩の影
    さっきもすこし触れましたが、岩の影はもっと強調していきたいです。なので、今の石のベースカラーよりも濃い色で影を表現していくといいかもしれません。そうすれば、もっと立体感が出てよりリアルになるかもしれません。
  2. 背景
    次に、背景です。今回の絵は結構空白も多いいので、背景をつけたらより完成度も上がるでしょう。なので、もっと色塗りをうまくできるようになれれば、やってもいいかもしれません。

絵描きに使った道具
~アルコールマーカー(コピック)、色鉛筆(プリズマカラー)~

では最後に、今回使った画材を5つに分けて説明していきます。

ペン(コピック マルチライナー)

初めに紹介するのは、ペン入れの時に使うコピック マルチライナーです。僕が使っているのは、この9本セットで、一本一本ペンの太さが違うので使い勝手がいいです。もちろん個別に買っても全然使えますが、ペンって意外といろいろな書き方をしてみたくなるものなので、セットをお勧めします。

アルコールマーカー(コピック チャオ)

色塗りで一番よく使うアルコールマーカーのコピックです。僕は絵に色を入れる際にはアルコールマーカーを使っています。元々、housm イラストマーカーを使っていましたが、色のにじみが気になり、こちらを利用し始めました。僕が使っているのは予算の関係でコピックチャオのスタート十二色セット。

このセットはよく使う色のペン十二本が入っているため予算が少ない人なんかにはお勧めです。コピックに無い色は、housmのマーカーと一緒に使っています。コピックと100均のアルコールマーカーとの違いはこれから別記事で纏めます。

アルコールマーカー(hosum)

色塗りに使っているアルコールマーカーのhosumです。このアルコールマーカーは、日本の100均で売っているマーカーとほぼ同じですが、五千円程度で百種類のペンが揃えられます。色のにじみなど不満点はありますが、コスパは圧倒的にいいので、まず色塗りを始めたい方にはお勧めです。

色鉛筆(プリズマカラー)

次に、色鉛筆のプリズマカラーです。僕がこれを購入した理由は、コピックの色数が少なかったからですが、高いだけあって塗りやすく色数も豊富です。さすがは高級色鉛筆です。今回紹介した作品の中だと、ナルトの肌なんかにこの色鉛筆が使われていて、初心者の自分にも使いやすい物でした。今後、アルコールマーカーとの違いの記事もまとめる予定です。

シャーペン(百金)

最後に、下書きに使っているシャーペンです。といっても、これはヒャッキンのものなので特にこだわりはないです。下書きを鉛筆ではなくシャーペンで行っている理由は、結局ペン入れをするため、線の強弱は関係ないと考えたからです。なので、別にこだわらなくてもいいでしょう。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる